キャットフレンドリーで猫に優しい行動で、もっと仲良く接しましょう!~飼い主さんでもできる、猫に優しい接し方~
動物医療の世界では「キャットフレンドリークリニック」という流れが注目されつつあります。言葉のしめす通り、「猫に友好的に、親しみをもって接しよう」という取り組みで、動物病院だけでなく、ご家族の皆様にとってもステキなアプローチです。
キャットフレンドリーで、もっともっと愛猫と仲良くなろう!
病院に連れて行く際の猫のストレスを軽減するには?猫に優しいおうちの環境は? 詳しくはこちら

ネコ独特の病気一覧

  • 目(眼)の病気
  • 慢性口内炎
  • 耳の病気
  • 鼻の病気
  • 咳・呼吸器系の病気
  • 消化器系の病気
  • 膀胱炎
  • 多飲多尿
  • 皮膚の病気
  • がん(癌・腫瘍)
  • ヘルニア

ネコ独特の症状一覧

  • 嘔吐
  • 便秘
  • ストレス
  • ネコの去勢術・避妊手術について

院長のキャットフレンドリー宣言

南大阪動物医療センター 院長 吉内 龍策
「猫は小さな犬ではない。」とは獣医学で昔から言い古された格言です。犬と猫は食性も異なり、体の代謝の仕組みにも違いがあります。また、犬の祖先は集団 を形成して狩りをしていたのに対し、猫の祖先は一生の大部分を単独で過ごし、行動学的にも大きな違いがあります。
当然のことながら、犬と猫に見られる病気にも大きな違いがあり、症状や、薬剤に対する反応、治療の経過にも大きな差があるのです。どうすれば診察台の上で猫をリラックスさせられるのか。
そんな基本的なところから猫の診療を考え、将来的には猫専用待合室をオープン予定です。生まれた時から猫と共に生活してきたDr.ヨシウチ率いる南大阪動物医療センターの猫派な診療は大の猫好きの皆様に大きな安心をお約束します。

南大阪動物医療センター 院長 吉内 龍策

当施設概要

医院名南大阪動物医療センター
住所〒547-0016 大阪市平野区長吉長原3-5-7
TEL06-6708-4111
FAX06-6707-6467
詳しくはこちら